Mariano Garcia Saxofon

彼の楽器に対する思いは熱く、すべての時代の偉大な音楽の編曲、あるいは近代音楽の編曲でレパートリーを広げ、その演奏でサクソホンの限界を超えることを目指している。

教育者と演奏者という二つの職を調和させながら、中国、米国へのツアーを実施し、アンドラ公国、ポルトガル、イタリアの重要なフェスティバルにも参加。さまざまな状況に合わせたレパートリーを提供し、私たちの時代のレパートリーそして編曲に、とりわけ力を注いでいる。

教育者として、バルセロナのEsmuc(カタルーニャ高等音楽院)、サラマンカ音楽院、マドリードのフランシスコ・デ・ビトリア大学など、スペインで数多くの講義やマスタークラスでの指導を行っている。
またノースカロライナ大学、サウスカロライナ大学、ファーマン大学、ジョージア大学など、米国の数多くの大学からも招かれている。

2009年以来、アラゴン音楽院のサクソホン正教授の責任者であり、実際、人気のあるサクソホン教授の一人である。

最近、ピアニストのAniana Jaime(アニアナ・ハイメ)とともにIBS classicalレコードレーベルのCDを録音し、専門の批評家たちから高く評価された。

数多くの国際コンクール審査員としての要請も多い。2010年からは、セルマーのアーティストであり、dúo ÁniMa(ドゥオ・アニマ)のメンバーでもある。

Deja un comentario

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit